カッティングステッカーの活用術

カッティングステッカーは、塩化ビニルで作られたもので、単色のシートから機械でデザインを切り抜いて貼り付けるステッカーのことです。香川でも様々な所で見られますが、どのような使い方があるのでしょうか。

お店の看板やディスプレイ

カッティングステッカーを使えば、お店の看板や窓ガラスに店舗の名前や営業時間を貼り付けることが出来ます。看板や案内板が置けない場所でも、窓ガラスにカッティングステッカーを貼れば営業案内が可能になるのです。また、お店のウィンドウディスプレイも、カッティングステッカーを使って、季節に合わせたデザインや飾る商品にぴったりのデザインにすれば、街を歩く人々に強い印象を与えることが出来ます。お店のディスプレイが変われば、お客様に関心を持ってもらえます。

自動車やバイクに

自動車やバイクにカッティングステッカーを貼って、車体をドレスアップさせたり店舗の宣伝が出来ます。
香川県内のあらゆる街の中で店舗名が記載された自動車やバイクを走らせれば多くの人に見てもらうことが出来、効果的な宣伝になります。

反射材が使われているステッカーを起用すれば、夜間の走行でも存在感がアピール出来るので、タクシーや配達用の車両などに使用するといいでしょう。また、文字だけではなく絵柄のカッティングシートを使えば、自家用車やバイク、ヘルメットが自分だけのオリジナルデザインに仕上がり、ドライブシーンも楽しくなります。

お部屋のインテリアに

お部屋に置いてある家具や小物などにカッティングステッカーを活用すれば、お部屋のイメージチェンジが出来ます。古くなった家具は見た目もボロボロで気になりますが、絵柄模様のカッティングステッカーを貼れば、おしゃれな家具に変身します。家電製品にも家具と同じデザインのものを貼れば、統一感のあるお部屋に生まれ変わります。インテリアの買い替えをしないので、低予算で模様替えをすることが出来ます。

香川でスクリーン印刷やデジタル印刷をしている弊社では、看板用や車体用などのカッティングステッカーがご注文いただけます。店舗やご自宅で様々な使い方が出来るカッティングステッカーをぜひご活用ください。