広告物を作る時は色に注目

広告物を作る時には、注目を集めるようなデザインを取り入れることで他社との差別化が図れます。
文字の書体やイラストのデザインに工夫を加えるだけでなく、印象に大きく関わる色にも注目してみましょう。こちらでは、広告物に対する色についての情報をご紹介します。

色の選び方

ステッカーやプリントを印刷する時は、色の選び方が重要なポイントになります。
デザインで会社のイメージが大きく関わるため、色を選ぶ時には会社のイメージに合った色を使うことが大切なのです。企業イメージ・商品イメージ・サービスイメージなど、様々な要素を色によって印象付けることが可能です。

例えば、清潔感を演出したいのであれば、白や青、癒やしを与えるような緑を使うと良いでしょう。
デザインに合わせるだけでなく、会社のイメージに合わせて色を選ぶことで、広告を見る人の印象に残るような広告物を作ることが出来るのです。

色の組み合わせが大切

上記のように与える印象を考えて色を決めることも大切ですが、広告物を作る時には会社のロゴや文字が目立つような配色を取り入れる必要があります。ロゴや文字に目に留まるような色を使ったとしても、背景が似ている色であれば色がぼやけてしまい、目立たせることが出来なくなってしまうのです。
広告物を作る時には、補色(正反対の色)を上手く活用して、伝えたいことを目立たせるようにしましょう。

シールやカッティングステッカーの印刷をご検討されている方は、香川県高松市にある弊社にお任せください。弊社では、水と空気以外のものなら何でも印刷することが出来るスクリーン印刷で広告物を作成いたします。

色やサイズなどお客様のご希望のものを作成いたしますので、こちらでご紹介した色についての情報を考慮して、オリジナルのデザインを生み出してみませんか?シールは耐久性に優れたスクリーン印刷はもちろん、画像もフルカラーで印刷することが出来るデジタル印刷でも作成可能です。高松市にお住まいの方、高松市でシールなどの広告物を作りたいと考えられている方はお気軽にご相談ください。